ドライバーの求人方法

募集してもドライバーが集まらない

求人媒体に掲載してもドライバーが集まらない。

輸送の依頼は増え、トラックもある。しかし、ドライバーが足りない。せっかくの荷主からの輸送依頼も、ドライバーがいないので協力会社に依頼しなければならない。

その他にも、新規取引先からの輸送依頼があっても受託できない。当然、新たな営業活動もできない。

このような状況から何とか脱出できないだろうか・・・

 


ドライバーを募集されている運送会社様、キャリーテックと有効な求人方法を探り出してみませんか?

新たにドライバーが入社すれば、未稼働だったトラックが稼動し、収益改善につながります。

求職者の目に留まるような求人方法をご紹介します!

Step 1

ドライバーは求人誌の“何”を見ているのでしょうか。

給料?待遇?トラック?

まずはドライバーの目に留まる表現方法を検討しましょう!

Step 2

ドライバーの視点を把握し、見ている箇所をしっかりと表現します。

その際、曖昧な表現はやめましょう。

誤解を生み、ドライバーの雇用が難しくなります。

Step 3

給与形態や待遇などを、分かりやすく記載します。

これはドライバーの心を揺さ振ります。

もちろん、嘘は記載できません。事実を記載し、求職者が分かるようにしましょう!


有効な掲載方法を検討し、魅せる文面にします。

そうすることにより、今まで素通りだったドライバーが、“この運送会社に行ってみようかな”と、思うようになるはずです!

 

そう、ベストパートナーはすぐ近くに居るのです!


ドライバー不足は、労働環境の低下や低賃金といったことだけが原因となっているのでしょうか。

当社は“それだけでは無い”と、思っています。

では、その他の原因は何でしょうか。当社は、求人方法も原因のひとつになっていると思っています。

求職者は、求人媒体を見て転職活動を行います。その求人媒体に魅力的なことが記載されていない運送会社様が多く、世間で“悪い噂”だけが先走っています。それが原因となり、運送業界の良さが伝わっていないのではないでしょうか。もちろん、人手不足は運送業界だけではありません。あらゆる業種の企業様がこの問題を解決するため、お悩みになられていることでしょう。

運送会社様も、魅力的で丁寧な求人活動を行えば、貴重な労働者が集まってくるはずです。

是非、当社にそのお手伝いをさせてください!

・求人誌に掲載しても応募がない

・自分で求人内容を考え掲載したい

・効果的な求人文面がわからない

                                                                   など・・・

どうぞお気軽にお問い合わせください!